株式に対して長期投資・分散投資することのメリット

10月 25, 2014

自分年金を作るコツとしては利回りの良い商品で分散投資、長期投資をして資産運用することです。利回りの良い商品というと株式です。 株式は大きな損を被る印象があるかと思いますが、20世紀の100年間で最も収益率が高い資産と言われていました。では、なぜ大きな損を被るイメージばかりがあるのか、というと暴落することがあるからです。投資期間が1年間しかなかったら確かに非常にリスクが高まりますが、もしも30年間の長期投資することを前提としていたら、どうなのでしょう。マーケットに居続けることで運用は可能です。マーケットには暴落もあれば急騰もあります。これらの価格変動に投資家が動じず、長期で運用していたら平均8%程度の利回りはどの時代でも可能です。 ただし、ひとつの銘柄ばかり追いかけていても仕方がありません。もしも全ての資産をひとつの銘柄に投じたところで、その企業が倒産してしまったら全ての資産失ってしまうことになります。 そのようなリスクを避けるために「複数の銘柄に対して」長期で運用したらいかがでしょうか? 仮にひとつの銘柄が資産価値を落としたとしても他の銘柄がカバーしてくれるので、資産のマイナスをヘッジすることができます。 長期投資を推奨している企業の情報が以下で公開されています。 アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社の企業概要 元本確保型の提案に特化した長期投資コンサルティングを提供しています。

0