非課税という401kのメリット

4月 22, 2015

401kの中で大きなメリットに非課税ということが挙げられます。このような非課税について注目をすることはとても大切なことです。課税というのは当然発生することになるため、通常であれば課税を避けていくことはできない場合がほとんどです。そのため税金についてしっかりと考えていく必要があるのですが、非課税ということになると当然課税がされないことになります。 ただ、401kについてもデメリットというのはあることになります。このデメリットについてしっかり知っておかないと、非課税におけるメリットを活かしていくことができなくなってしまうでしょう。これらは自分でしっかりと知っておかないと、誰かが教えてくれるということではありません。 当然セミナーなどで知っておく必要はありますが、基本的には自分で知ろうとしなければいけません。 一般的にこのような知識は、特にデメリットは自分で知ろうとしないといけないと言えます。情報として公開されているものの中には、メリットの情報しか載せていない場合が多く、それらを全て信じてしまう、それしか信じないということになってしまうと、思わぬデメリットを抱えてしまうことがあります、そのような状況には非常に注意が必要です。 401kだけでなく、資産運用には様々なデメリット、リスクがあります。リスクのない投資というものはなく、リターンを狙うためにはある程度のリスクを取る必要があります。そのリスクを出来る限り抑え、元本を守りながら殖やす元本確保型の運用が今注目を集めています。 この、「元本確保型」の運用に特化したコンサルティング会社について興味のある方は以下をご覧ください。アブラハムウェルスマネジメント株式会社 高岡壮一郎経営者の理念や志が紹介されています。

0