誰でも資産運用が必要な時代

6月 28, 2015

資産運用といえば、一昔前までは一部の富豪が行なう手の届かないものだと思われてきました。しかし最近では、小口からの積立投資やネットの普及によって誰でもお手軽な投資ができる様になっていますので、資産運用という考え方は一般的になったといえます。 資産運用の重要性なのですが、一昔前の富豪のような資産家のための考え方ではなく、むしろ一般人が将来の備えを作り出すために行なうという意味で非常に重要な役割を果たす事になるかと思います。老後の資産管理や年金問題といった将来のお金の悩みを解決できるのは、若いときからの資産運用が効果的なのです。 老後問題といえば、少子高齢化による年金制度の崩壊が囁かれています。国民年金の現在の支給額は、たったの8万円です。これだけでは家賃と光熱費を支払えばもうほとんど残りません。この小額の年金支給額は、少子高齢化によってさらに引き下げられる事が予想されています。 資産運用を考えていれば、国民年金が仮に廃止されたとしてもなんとか老後を過ごす事ができる様になります。国民年金ではなく個人年金に頼るという方法や、外貨投資で利子収入を得るなどの老後からでも収入を得られる方法を模索することを、生活費に余裕のある今こそ行なうことが重要なのです。 資産運用会社で働きたい方にお勧めの企業をご紹介します。アブラハムウェルスマネジメントがIT担当者を募集中新規事業やベンチャーに関心のある方はぜひご覧ください。

0